本物の天然石ブレスレット

学生の間では、好きな天然石を組み合わせてブレスレットを作ったり、恋人同士でおそろいのブレスレットを作ったりと、オリジナルの天然石ブレスレットが流行しています。
実際、私の周りにも彼女と一緒にブレスレットを作りに行ってきたと言って、見せてくれた甥っ子がいます。
自分の学生のときと比べると価値観や物に対する考え方は、今の子供は大人びてるなと感じました。
私も天然石のブレスレットを持っています。流行するよりもだいぶ前に自分で買いました。
でも、誰ともおそろいではなくまったくのオリジナル物です。
当時の私には、家庭の悩み事がありました。
その相談にのってもらいたくて、天然石やオーラソーマなどを手がけている先生に会いに行ったことが、オリジナル天然石ブレスレットを作るきっかけになりました。
そこでは、まず自分の悩みについて話すことから始まります。
それを聞いた先生が、今どうするべきか、どうすると開けるのか、未来にはどうなっていたいのか、そのためにやるべきことは何か・・・
など、いろいろアドバイスを受けながら、自分が進むべき方向へ導いてくれます。
当時はものすごく悩んでいたので、誰かにすがりたい思いもあったのかもしれません。
そして、その未来へ向けて現状をサポートしてくれるためのブレスレットをオリジナルで作ってもらいました。
私の場合、8ミリサイズのブルートパーズ、他にシトリン、アクアマリン、螺旋型水晶、カット水晶を使っていただきました。
色は淡くて透き通っているものばかりで、それぞれの石と石の間にカット水晶を入れてもらったので、繊細さを感じさせながらもスタイリッシュなブレスレットが完成しました。
心のときめきに従って、具体的にやってゆく意思をサポートするデザイン、という意味らしいです。
平たく言えば、心の内には、いつも平和で安らぎに満ちたスペースがあることに気づくようにと意図されたデザインらしいです。
正真正銘、私の気持ちを知ったうえで作っていただいた完全オリジナルのブレスレットです。
それからは、毎日つけています。
透明感ある天然石なので夏には特にピッタリです。時計と合わせて重ね付けするのが主流です。
自分が好きな石を合わせてオリジナルのブレスレットを作るのも良いと思いますが、やはり石には意味も込められているので、そういった専門の先生に作ってもらうと嬉しいですね。
何だか、毎日つけていて守られているような感覚があります。
そのオリジナルブレスレットの意味を知ることで、より一層、そうならなければ!と、自分の思いがついてくるので、それがやる気につながっています。
そして不思議と、何だか今日はブレスレットをして行かないと落ち着かないという日もあって、もはや天然石ブレスレットはファッションではなく、自分のお守りとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です